レビトラを通販で購入する男性

世界初のED治療薬バイアグラについて

「バイアグラ」は、アメリカのファイザー社により世界初のED治療薬として1998年1月にアメリカ国内において販売が開始されました。
すぐにその効果は「夢の薬」などと騒がれるようになり、バイアグラはアメリカにおいて驚異的な売り上げをみせました。
その後日本国内においても1999年3月に販売が開始されています。

バイアグラはその有効成分シルデナフィルの「血管を拡張し、血流を改善する」効果によってEDを改善します。
勃起は「性的興奮が神経を通じて陰茎に伝わり、陰茎が血液で充満すること」で起きる現象ですが、シルデナフィルにはこの陰茎内の血流改善を促す効果があります。

シルデナフィルの血流改善効果はすばやく生じるため、バイアグラは服用後30分ほどで効果が発現します。
そしてその効果は約6時間ほど持続するので、たいていの性交渉に十分なほどの持続時間があります。

シルデナフィルの「血流改善効果」はバイアグラ副作用の原因にもなっています。
この血流改善効果は陰茎だけではなく全身にも作用するので、脳や顔の血流も改善されます。
その結果「頭痛」や「顔のほてり」といった副作用が生じます。
この症状はバイアグラを使用したほとんどの人に出てしまう症状ですが、少しアルコールを飲んだ時と似た症状であり、それほど気にする必要はありません。
ただし併用すると危険な薬があるためその点は注意が必要です。
例えば硝酸剤で有名なニトログリセリンとバイアグラの併用は、双方がもつ血管拡張効果が相まって命の危険があるレベルまで血圧を下げる可能性があります。

シルデナフィルがED改善に効果があることは偶然発見されたものです。
1990年代前半、ファイザー社はシルデナフィルを用いて「狭心症治療薬」の研究・開発を進めていました。
しかし臨床試験での狭心症治療効果がみられず、試験を中止しようとしたところ、偶然にもこの成分に勃起不全の改善効果があるとわかったのです。
それ以後は狭心症ではなくEDの治療薬として研究が進められることとなり、1998年世界初のED治療薬の誕生となっていったのです。

イギリスではバイアグラの処方箋なしで薬局で買える

バイアグラを含めたED治療薬は、すべて医師の診断による処方箋がなければ購入ができない医薬品です。
このことは日本だけでなく世界中どこであっても同じです。
そんな中2017年11月アメリカのファイザー社が、バイアグラを「処方箋なしで薬局で販売すること」をイギリス当局が認めた、と公表しました。
処方箋なしでの販売が認められたのはイギリスが世界初の国になります。
これにより2018年春頃からイギリス国内では薬局でバイアグラが購入できるようになります。

イギリスはなぜ、バイアグラの市販を認めたのでしょうか。これには大きな2つの理由があるといわれています。
ひとつは「イギリス国内で流通している偽造品の利用を減らすため」です。
イギリスに限らず世界中でED治療薬の偽造品は出回っています。それは日本であっても同じです。
偽造品はED治療薬の成分が正しく含まれていなかったり、ときにはまったく関係のない成分が含まれていたりと大変危険なものです。
しかし、病院で処方箋を受けるという手間を嫌がったり、デリケートな問題なので相談しづらいなどの理由から正規以外の方法で入手しようとする人が後を絶たず、その結果偽造品を掴まされてしまう人が大勢いたのです。
薬局でバイアグラが容易に購入できるようになれば、わざわざ危険な偽造品に手を出す人は減るでしょう。

もう一つの理由は「バイアグラの売上低迷」にあります。
バイアグラは1998年発売されて以降、ピーク時の2012年には世界で約20億ドルを上回る売上を記録しました。
その後、バイアグラは特許切れとなり売上は減少。2016年にはピーク時の8割ほどにまで低迷していました。
ファイザー社はこのような状況を見越して、長年にわたってバイアグラの市販化をイギリスに求めてきました。その交渉が今回ついに実ったのです。